福岡出身で東京の大学生が新卒採用でUターンに挑む奮闘日記!

( 更新日:2020/07/09)

★スタッフサービス★

2018年6月25日

スタッフサービススタッフサービスは1981年創業で、グループ全体で国内166拠点をかまえる大手の派遣会社です。長崎にも1,000件以上の求人をもっているので、長崎で派遣の仕事を探す方にも人気のある会社です。スタッフサービスは、常に業界トップクラスの豊富な仕事情報を有する派遣会社で、業界も職種も勤務地も幅広く用意しているので、自分に合ったピッタリの仕事が見つかります。 求人が多い職種は、1位が一般事務、2位が営業事務・経理事務、3位がデータ入力、4位が受付業務、5位は貿易・国際事務となっています。事務職以外でも様々な業種の求人があるのですが、特に事務職の派遣を探してる方にはスタッフサービスはおすすめです。職種未経験からスタートできる仕事も多数あるので、経験に自信がない方でもスタッフサービスなら新しい職種へのチャレンジも応援してくれます。また、正社員を目指せる紹介予定派遣の仕事も豊富にあるので、正社員に憧れる方にもチャンスがあります。スタッフサービスでは、就業初日には営業担当者が勤務先まで同行してくれたり、就業先への定期訪問をしてくれたりと、快適に働ける環境が整っていますし、新しい職種にチャレンジしたいときはキャリアプランも一緒に考えてくれるなどきめ細かなサポートが魅力です。大手・外資系企業から高い信頼を得ているので、派遣の求人募集ではなかなか出会えないような高案件も多数取り揃っています。勤務時間も自分の都合に合わせて時間が選べるシフト勤務の仕事や残業少なめの仕事もあるのでプライベートを充実させることも可能です。スタッフの福利厚生を担当する専門セクションを設けてきめ細やかな対応をしてくれますし、労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険の各種社会保険も完備しています。そのほか、有給休暇、育児・介護休業、定期健康診断、ビジネススクールでスキルの習得、全国の提携スクールで優待サービスなど、福利厚生も充実しているのでスタッフサービスなら安心して働くことができます。

★リクナビ派遣★

2018年5月28日

リクナビ派遣リクナビ派遣は、株式会社リクルートジョブズが運営する派遣の求人サイトです。『タウンワーク』や『フロムエー』など聞いたことのある方も多いでしょうが、実はこれらもリクルートジョブズが運営しているのです。リクナビ派遣では、全国の派遣会社が取り扱う求人情報を集約して掲載している派遣求人の総合サイトとなっています。就職や転職の求人についても業界内で圧倒的な強さを持つリクルートグループの派遣求人サイトとなっていますので、リクナビ派遣は人材派遣業界の中でも非常に知名度が高い求人サイトとなっています。長崎の派遣の求人ももちろんリクナビ派遣に掲載されているので、長崎で派遣の仕事を探すときにはリクナビ派遣の求人をチェックするといいでしょう。リクナビ派遣のサイトでは、1日3回の高頻度なペースで求人の新着情報が更新されます。応募する際には会員登録が必要となりますが、会員登録は、名前とメールアドレスを入力すれば登録できるので住所や電話番号など詳細な個人情報なしで気軽に行えます。その後メールで「承認ナンバー」が送られてくるので、ナンバーを入力してログインすれば簡単に登録する事ができます。登録後は、仕事条件や職種を登録しておけば、条件にあった様々な派遣会社の仕事が表示されますし、メールでも送られてくるのでとても便利です。派遣の求人情報の掲載量は国内トップクラスとなっているので、リクナビ派遣のサイトには全国各地方の派遣会社の仕事情報が網羅されています。希望職種や希望エリア、希望時給などの条件を設定して検索できますし、交通費、扶養控除内、Wワーク、日払いなどの細かいこだわり条件も設定すれば自分の条件にあった求人を抽出することができます。その他、リクナビ派遣のサイトでは、派遣会社の選び方や再就業率ランキング、派遣会社に対する評価や仕事別の平均時給などもチェックできるコンテンツが豊富に揃っているので、派遣に関する色々な知識を得ることができます。「派遣先公開のお仕事特集」「紹介予定派遣のお仕事特集」「ワーク&ライフバランス特集」など知っておいて損はない情報満載なので、登録してこれらの情報だけチェックするだけでもためになります。国内を代表する大手企業の派遣会社としても安心感があるので、長崎で派遣を探す場合は候補の1つとして人気があります。

★マイナビスタッフ★

2018年5月07日

マイナビスタッフマイナビスタッフは、就職、転職、バイトなど求人情報でおなじみの株式会社マイナビワークスが運営する⼈材派遣の会社です。1997年より、全国に営業地点を展開しており、マイナビグループの取引先優良企業をはじめ他事業との連携も強いため、様々な業種・職種に対応しています。全国9,000社以上の採用業務をアシストしてきた経験と実績があるので、変化しつづける雇用情勢にいち早く対応しています。コーディネーター、キャリアアドバイザーがきちんとサポートしてくれるので、派遣の仕事が初めてという方でも安心して働けます。長崎のマイナビスタッフの求人を見ると高時給で条件の良い求人が多数掲載されています。マイナビスタッフでは、人材派遣の求人がメインとなりますが、直接雇用を見据えた紹介予定派遣や正社員の転職支援を行う人材紹介サービス提供しています。利用するためには、まずは登録が必要となります。登録費用は無料で、サイトからのオンライン登録の場合、24時間いつでも登録できます。また、マイナビスタッフでは独自の無料研修システムを持っているため、それらを活用することで派遣先でも通用する能力を養うことができます。派遣の仕事には期間の定めがあり、単発(1ヶ月以内)、短期(1~3ヶ月)、長期(3ヶ月以上)と契約の更新が3ヶ月単位で行われることが多いので、年間スケジュールを好きなようにコントロールすることも可能です。長崎のマイナビスタッフの求人でも期間がきちんと示されているので、自分の生活スタイルに合わせて仕事をすることが可能となります。また、正社員登用を前提とした紹介予定派遣サービスを提供しており、一定期間派遣として働くことで本採用までに向き・不向きを判断することができます。他にも正社員の転職支援を行う転職支援サービスでは、専任のキャリアアドバイザーが個別にカウンセリングを行い、希望や適性にあわせながら転職活動をサポートしてくれます。履歴書と職務経歴書の添削や、面接対策も行なってくれます。マイナビスタッフの転職支援サービスでは、事務職全般から、営業職、エンジニア職、クリエイティブ職など幅広く取り扱っているので正社員を希望する方は自分で探すよりもスムーズに仕事探しができるでしょう。

★人材派遣健保とは★

2018年4月23日

保険証派遣で働いていてもある一定の条件を満たせば社会保険に加入するすることができます。そもそも、国民が加入している健康保険には協会けんぽ、組合健保、共済組合、国民健康保険などがありますが、派遣で働く人には人材派遣健保というあります。長崎で働く方も上記のどれかの健康保険に加入しているのですが、これらの健康保険にはどんな違いがあるのでしょうか。ここでは派遣で働く方が対象の人材派遣健保と、加入者が多い協会けんぽ、そして国保健康保険の違いをみていきたいと思います。まず、派遣で働く方の健康保険に人材派遣健保があります。これは、短期・断続就労に伴う派遣社員の生活の安定と福祉の増進に努めるため、平成14年5月1日に人材派遣健康保険組合 (はけんけんぽ)が設立されました。人材派遣健保は終身雇用を前提とした一般の健康保険組合とは異なり、派遣社員のための健康保険組合です。特徴としては、派遣社員には雇用契約が終了後、次の契約までに一定の中断期間(待機期間)がある場合があります。一般の健康保険では原則、被保険者資格を喪失することになりますが、 人材派遣健保では一定の要件をすべてみたす場合は資格を喪失せず、継続して被保険者になることができます。また、健康保険組合初のWebによる届出システムを導入し、得喪事務等の徹底した効率化を図っていたり、ワンタイムパスワード認証による個人データ保護システムで個人情報を管理しているところも特徴の一つといえるでしょう。次に、加入者数、被保険者数がともにトップの協会けんぽは、健康保険の適用事業所に勤める中小企業のサラリーマンやOL、その扶養家族も被保険者が加入する医療保険制度に加入しています。正式な名称は全国健康保険協会といい、2008年10月1日に設立された若い法人です。もともと、現在の協会けんぽが担っている業務は社会保険庁が執り行っていましたが、社会保険庁でさまざまな問題が起き、その後の社会保険庁改革によって社保庁は解体されたため、それまで政府管掌健康保険事業として行われていた部分について新しく設立された全国健康保険協会という公法人が担うことになったようです。水色の健康保険被保険者証が被扶養家族にも一人一枚ずつ支給され、下の方に「全国健康保険協会 〇〇支部」と書かれているのが特徴です。次に国保(国民健康保険)は、個人事業主、無職の方など、その他の保険制度に属さない人すべてが対象となる健康保険です。社保は協会けんぽ、または各社会保険組合が窓口となりますが、国保は市区町村役場が国民健康保険窓口となります。長崎で国保に加入する場合はお住いの市区町村の役所で加入しましょう。人材派遣健保や協会けんぽは認定範囲内の親族を扶養することができますし、扶養が何人いても保険料は変わりませんが、国保は扶養という概念は無く、世帯内の加入者数によって保険料が上下するところが違いと言えるでしょう。

★派遣の失敗談★

2018年4月16日

失敗談仕事がなかなか見つからない、責任ある仕事はしたくない、残業はしたくないなど、派遣で働いている方の働く動機は必ずしも前向きな人ばかりではありません。長崎でもやりたいこと仕事が見つからないと悩む人は少なくありませんが、やりたいことを仕事に望むのは贅沢だという意見もあったりします。しかし、仕事というのは誰でも何でもできるわけではなく適正というものがあるので最低限自分に合った職探しというのはどうしても必要になりますよね。派遣で働くときも派遣で働くことを決めた動機によっては派遣先と合わずに失敗したと思われる方もいるようです。ここでは長崎で派遣を始めた方の派遣を選んだ動機による失敗談をいくつかご紹介していきます。Aさんは学校を卒業してから、周りの友人達は生き生きと企業で働いていましたが自身はバイトなどで生計を立てる日々を過ごしていました。そろそろ自分も正社員として働かなきゃと思っていた時に高時給の派遣の求人を目にしました。仕事内容は自分にもできそうだと思い社会人経験はほとんどありませんでしたがその高時給の派遣で働くことにしました。時給は高いですが、社会人経験が未熟だったので働いていくうちに周りの方々についていけなくなり失敗に終わったそうです。派遣の求人には未経験でもできる仕事内容もありますが、派遣というのは基本的にこれまでのキャリアを生かして就業するものです。しかも派遣というのは基本的には即戦力を求める求人ばかりです。未経験でも働ける求人はもちろんありますが、キャリアアップを狙えるような環境は期待できないと思っておいた方がいいでしょう。Aさんの場合のような将来を見据えてなんとかしなきゃと思った動機の場合は派遣という働き方を選択してしまうと失敗となってしまうほうが多いかもしれません。なぜなら、企業へ入社すれば新入社員を育成するしっかりとした教育体制などがありますが、派遣にはほとんどありません。ですから、派遣で入った人とその企業に直接入社した社員の差が明らかなのは仕方のないことなのです。次にBさんは、大学を卒業したあと正社員として入社しました。以来コツコツと技術や知識を身につけていきました。 しかし、入社した会社はやってもやっても仕事が終わらず定時に帰れる日などはほとんどなく、毎日が仕事漬けの生活でプライベートを充実させることができない日々を過ごしていました。 仕事で消耗する人生を送りたくないと考えて退職を決意し、プライベートを大切に出来る派遣で働くことを選択しました。Bさんは今まで身につけた職種ではなく違う職種を希望して派遣で働くことを決めました。 最初の頃はプライベートも充実し良かったのですが職種にどうしても慣れることができない上、派遣でこの先生計を立てていくことに不安を覚え失敗に終わってしまいました。いずれは正社員として転職活動をする間のつなぎとして派遣を利用するのはいいですが、派遣でずっと生計を立てるのは難しいのが現状です。今回の失敗談から見えることは、派遣という雇用形態は良くないということではありません。正社員にばかりこだわり過ぎて仕事をしない期間を伸ばしてしまう方がリスクの場合もあります。派遣として働くことに対して批判的な意見もみられますが長い人生の中で派遣という働く働き方をうまく利用することで歯車が回りだす場合もあります。しかし、大切なのは雇用形態は派遣であっても、なぜその仕事をしてるのかという動機に対して自分なりの答えをきちんと持っておくことが大切となります。自分なり納得していれば派遣で働くことに後悔するも失敗することもないでしょう。

★長崎移住で働く方法★

2018年3月27日

移住最近では今の環境を変えて地方へ移住して働きたいなと考えている方が増えてきているように感じます。移住して働く方法としては地域おこし協力隊、転職、独立など様々な方法がありますが、移住先で派遣として働くことも方法の一つといえるでしょう。九州でも各地に移住して働く方法は様々ありますが、今回は長崎に移住して働きたいと思う方 に向けて長崎に移住して働く方法をご紹介したいと思います。まず、長崎には、ながさき移住サポートセンターというものがあり、就職・転職の支援をしてくれているようです。ながさき移住サポートセンターでは、移住を希望する方向けに長崎県内の企業や長崎県内に事業所等のある企業から預かった求人案件を移住希望者の方に紹介し、就職・転職する無料職業紹介業務を行っています。移住先候補のひとつとして長崎を検討している方でも選択肢のひとつとして相談してみるのもいいでしょう。求職者向けサービス例として、長崎でのキャリアステップの相談、キャリアの棚卸し支援、長崎県内の非公開の求人情報も踏まえながら、これまでの経験からどのような可能性があるのかなどを考慮して具体的な求人案件を紹介してくれたり、求人企業へ推薦、書類選考突破支援、履歴書及び職務経歴書の作成支援、アドバイス、面接突破支援、転職理由、志望動機、自己PRの伝え方や内容のアドバイス、面接日程等の調整、退職交渉サポートなどを行なっています。また、長崎にも一部の地域で地域おこし協力隊の募集も行われています。対象者の条件としては、年齢20歳以上40歳以下の男女などの年齢制限があります。また、三大都市圏をはじめとする都市地域等に住民票がある方で、移住先へ住民票を異動できる方、活動終了後、起業・就業し、定住する意欲のある方などが条件となっているようです。ですから、移住先で独立を考えている方はまずは地域おこし隊からスタートするのも選択肢の一つといえるでしょう。次に、移住先で派遣として働くことを検討している方は、まずは移住をした後に長崎の派遣会社に登録に行き仕事を見つけるのもいいですが、移住を目的とした寮完備の派遣の仕事を斡旋してくれるところもあるようですのでネットでチェックしてみるといいでしょう。

★採用試験対策!紹介予定派遣でありがちな質問と回答方法★

2017年10月23日

紹介予定派遣の面接で聞かれる質問紹介予定派遣は、自分に合った企業に納得して入社できる就職スタイルとして人気となっています。一般の派遣との違いは、紹介予定派遣の場合、一定期間派遣として働いた後は正社員、契約社員などの直接雇用となるのが前提ですから、就業前に必ず面接が実施されます。ここでは、紹介予定派遣を検討している方に紹介予定派遣の面接の流れや、よくある質問、回答方法などをご紹介したいと思います。紹介予定派遣の面接は、基本的に集団面接ではありません。企業の人事担当者や現場担当者の方など、どなたが面接するか、派遣会社の営業担当が面接に立ち会うかどうかは企業によって異なりますが、もし面接に立ち会わない時でも面接会場までは担当者が同行してくれます。一般的な採用面接では面接結果が「最終結果」となり本人へ通達がありますが、紹介予定派遣の場合は面接結果は派遣会社の担当者へ連絡が行きます。紹介予定派遣は、直接雇用のラインまでは到達していないレベルでも採用の可能性がありますし、一旦、派遣での働き方をみて判断したいということで、人柄ややる気などで評価されることもあるようです。紹介予定派遣では、正社員採用と同様に、SPI、性格診断テスト、漢字書き取り、読み取り、時事問題などの筆記試験を行っているとろこもあるようです。また、採用前の面接時に加え、派遣期間の終了前に最終的に判断する時に実施されることもあります。市販の問題集でどのような内容か確認しておくとよいでしょう。派遣会社から面接日時の連絡が入ったら、当日の持ち物、服装や面接のポイントなどを派遣会社の担当者との待ち合わせし、面接場所、派遣会社の担当者の同席の有無も確認しておきましょう。また、企業のホームページなどで事業内容や企業理念、応募する職種の業務内容を改めて確認して、志望動機を固めておきましょう。面接の結果が合格の場合は派遣会社から最終の意思確認があるので、万が一辞退する場合にはきちんとした理由を派遣会社へ伝えましょう。

次に、どの企業でも面接で聞かれることの多い質問と回答のポイントをご紹介します。

Q:これまでの職務経歴を説明してください

この質問は、必ず聞かれる質問です。
職務内容でまとめて、時期と勤務先名、業種や職務内容について答えましょう。短期や単発アルバイトなど短期の職歴は、細かく伝えなくても大丈夫ですが、今回応募した業務に関連がありそうなことや役立ちそうなことはしっかりアピールするといいでしょう。

Q:志望動機はなんですか?

なぜその業種、職種を選んで応募したかという理由と、その企業で自分の経験やスキルがいかに貢献できるかを伝えましょう。福利厚生や通勤面などの動機よりも業務内容について伝えることをおすすめします。

Q:あなたの長所、短所は?

短所も、見方によっては長所となるようなものを伝えましょう。

当社のことをご存知でしたか?

派遣会社に紹介されて初めて知った場合でも、もともとこういった仕事に興味があった、できる限り勉強させていただきたいなどといった前向きな回答を心がけましょう。

Q:何か質問はありますか?

分の姿をイメージした質問をして積極的な姿勢であることを伝えましょう。経験がある職種なのであれば、業務内容については具体的に聞いてみましょう。もし質問が浮かばない場合、「今のところはありませんが、お世話になった際にはいろいろ教えていただくかと思いますのでよろしくお願いいたします」などと答えるといいでしょう。

上記のような質問事項はよく聞かれるので事前に対策しておくと良いでしょう。ただし、嘘や誇張をしてしまうとボロが出てしまい結果的に評価を下げてしまうので、素直に回答するのが一番です。

★長崎市の紹介予定派遣で正社員になるために持っておきたい資格とは?★

2017年7月26日

紹介予定派遣で役立つ資格長崎市にも正社員になれるチャンスがある紹介予定派遣の求人を見つけることは可能です。ただし、紹介予定派遣の場合は、正社員に100%なれるとは限りません。紹介予定派遣は働きながら企業を見極められると同時に、企業もニーズに合った人材かを判断することができます。したがって、正社員に少しでもなれるよう日々の業務は真面目に勤めるだけでなく、資格なども保持してアピールすることが重要です。持っておきたい資格は職種によって異なります。ただし、紹介予定派遣で人気の求人と言えば事務系のお仕事なので事務で役立つ資格を持っておくと良いでしょう。一般的にマイクロソフトのオフィスソフトはほとんどの事務職で使うことになるため、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は持っておいて損はないでしょう。資格取得によって深くオフィスソフトの使い方を学べるため、他のスタッフよりも高度に使いこなせることで仕事の質向上や効率化を図ることが可能です。一般的にはエクセルとワードをよく使いますが、営業事務ではプレゼン資料の作成を任されることがあるのでパワーポイントも取得しておくと良いでしょう。次に、外資系とは言わなくても、海外とのやり取りが活発な企業であれば、語学スキルがあると重宝されます。メールのやり取りだけでなく、電話の応対もできればワンランク上の仕事が任される可能性もあるかもしれません。TOEICなら750点から800点以上を取得していれば他と差別化できます。さらに、人気の高い経理の仕事をするなら簿記資格は持っておいた方が良いでしょう。一般的に経理スタッフは日商簿記2級を持っている人が多く、会社で受けさせている場合も多いです。経理には必須資格になりつつあるので、最低でも2級資格までは取得を目指したいところです。また、経理業務を希望するけど実務経験がない人も簿記の資格を持っていれば派遣として働ける可能性があります。以上、事務はただでさえ人気の高い職種となっているので資格を取得してライバルに差をつけましょう。

★紹介予定派遣の人気職種は?TOP5で解説!★

2017年7月19日

紹介予定派遣の人気職種ランキング紹介予定派遣は、派遣期間が終了すれば正社員の道が残されているため、企業の労働環境を知ったうえで入社を決めることができます。すなわち、求人票だけでは入手できない情報や環境を、業務を通じて知れるので入社後のギャップを回避できます。また、入社したくないと思った場合は派遣期間の終了とともに退社することも可能です。では、紹介予定派遣ではどんな職種が人気なのでしょうか。ここでは、人材会社大手のアデコが調査した人気職種ランキングからTOP5を紹介します。まず、第5位は営業です。営業と言っても企業や業態によって様々ですが、一般的には法人・個人を対象にした新規開拓や顧客フォローなど多岐に渡ります。直接訪問する営業もあれば、電話やメールで営業を行う非対面型のアプローチもあります。紹介予定派遣で営業を目指すならコミュニケーション能力、交渉力、提案力などが求められます。続いて第4位は総務事務です。総務は全ての部門やスタッフをサポートする事務業務です。備品・設備管理、契約書作成・管理、福利厚生手続き、社会保険事務、来客対応など幅広い業務内容となっています。総務は事務でも人と接する機会が多いのでコミュニケーション能力やビジネスマナーは必須となります。次に第3位は営業事務です。営業スタッフをサポートする職種であり、資料・見積書・請求書の作成を行い、営業スタッフがスムーズに業務を遂行できるようフォローします。営業先のクライアントからの急な連絡や依頼にも対応できる柔軟性が求められる業務でもあります。そして第2位は経理です。企業の会計処理を担うお仕事で、伝票作成、記帳、入出金管理、給与計算、決算業務など会計の知識を活かして企業の財務を支えます。ただし、紹介予定派遣の場合は現金や有価証券までは扱うことはないでしょう。簿記資格よりも実務経験が重視される傾向にあります。最後に、第1位に選ばれたのは一般事務です。部署内のサポート役として資料作成からデータ入力、庶務まで様々な業務を含みます。企業によっては経理や労務を一般事務に含んでいることもあるので、一般事務の募集でも業務内容をしっかりと確認しましょう。また、資料作成やデータ入力の際にはワードやエクセルなどのソフトを利用するケースが多いので、オフィスソフトの使い方は事前に知っておいた方が良いでしょう。以上、紹介予定派遣を見てきましたが、営業以外は事務の職種がランクインしています。これは、紹介予定派遣を利用するのは女性が多いので事務系の職種が多い傾向にあるからだと推測できます。紹介予定派遣を検討する人は事務から仕事を探してみるのも良いでしょう。

★紹介予定派遣の注意点!必ずしも正社員になれるとは限らない★

2017年6月30日

紹介予定派遣って何?紹介予定派遣が始まったのは2004年からと比較的新しい雇用スタイルです。紹介予定派遣は、働く人だけでなく採用する企業側もワンクッション置いたうえで正社員で働くかを決めることができると好評です。実際に、制度が始まった2004年から2009年までの5年間を見てみると紹介予定派遣を依頼する企業は2.5倍に増えています。一見すると紹介予定派遣は理想の働き方に見えますが注意しておきたいこともあります。まず、データで見てみると、紹介予定派遣を経て直接雇用に至ったスタッフの割合は2009年時点で1.8%です。もちろん、労働者側が職場が合わないと直接雇用を辞退したとも考えられますが、それでも少ない数字となっています。では、なぜ紹介予定派遣が触接雇用に結びつかないというと、企業が雇用するカタチが多様化しているからです。派遣からの引き抜き、パートやアルバイトからの直接雇用もあり得るからです。しかも、試用期間を設けている企業も最近は多いため、企業側は働き方を評価できる一定の猶予があるのも1つの要因です。さらに、紹介予定派遣で注意したいのは、直接雇用は何も正社員とは限らないことです。過半数の人は確かに紹介予定派遣から直接雇用によって正社員になっていますが、4割は契約社員やアルバイトも含まれています。そのうえ、派遣時代は人材会社が雇用主となります。したがって、直接雇用になって給与や福利厚生が劣ったという話もよく耳にします。つまり、紹介予定派遣を利用したからといって必ずしもキャリアアップが実現できるとは限らないということを理解しておきましょう。今回は、紹介予定派遣の負の側面を見てきましたが、もちろんメリットもたくさんあります。上記のポイントに注意して上手く利用できればと思います。紹介予定派遣は、通常の派遣に比べるとまだまだ求人数は少ないのが現実です。したがって、派遣に登録する際は、直接雇用を希望するということを前々から担当スタッフに伝えておくようにしましょう。そうすれば、求人があった場合に優先的に紹介してもらえる可能性があります。

★紹介予定派遣って何?長崎で理想の職場に出会うには★

2017年6月28日

紹介予定派遣とは長崎市内でも多くの派遣型の求人案件を見るようになりました。ただし、派遣と言っても通常の派遣とは別に紹介予定派遣という働き方があります。紹介予定派遣は、派遣と正社員の双方の良い面を取り入れた新たな雇用形態です。派遣社員は、人材派遣会社から職場に出向し、契約期間が終了すれば終わりとなってしまうため、気に入った職場であればもっと働きたかったと思う人が多いです。いっぽう、正社員は職場である企業から直接雇用されるので、自分に合わなかった場合は入社したのを後悔してしまいます。双方の良いとこ取りの紹介予定派遣であれば、最初は派遣社員として勤務できるので、職場の雰囲気や人間関係そして業務内容を確認できます。そして、派遣期間が終わり正社員として登用される際に改めて継続して勤務するかの意思決定が可能となります。働いてみてやっぱり違うなと思ったら派遣期間の終了と同時に退社できるので我慢して働き続ける必要がありません。もちろん、社員だけでなく企業側も派遣の期間を通じて会社にとって必要な人材かを見極めます。このようにお互いの合意を経てから正社員として働くので入社後のミスマッチが少ないメリットがあります。では、正社員よりも全然良いと思うかもしれませんがやはり注意点もあります。紹介予定派遣は会社側も半年など時間をかけて適性を見極めるため、自分が正社員としての入社を希望しても会社の合意が得られなければ入社できないこともあります。正社員として直接入社していれば働けたかもしれませんが、派遣というワンクッションを置くことで会社側も細かく審査することがあります。ただし、一般の正社員採用でも使用期間1ヶ月を設けている会社が少なくありません。したがって、紹介予定派遣で入社しても必ずしも入社のハードルが上がるとは言い切れないのです。さらに、派遣を登録した会社が自分と企業の間に入って調整や交渉を行ってくれる安心感があります。自分で交渉するよりもスムーズに希望が通ることも多々あります。もし、長崎で求人を探している際に紹介予定派遣で良さそうな仕事が見つかった場合は、一度チャレンジしてみると良いでしょう。

★長崎で人気の派遣先とは★

2017年6月01日

長崎の派遣案件長崎は、九州北西部にある都市であり、大手企業の支店や地元企業が多い地域となっています。小規模な企業も多いため、派遣先では専門スキルよりも様々な業務を柔軟にこなせるフットワークの良さが求められています。派遣は時間に融通が利きやすく、家庭と仕事の両立が容易なため女性が多く登録しています。したがって、ここ長崎でも事務職の人気が高い傾向にあります。時給も1,000円を超える案件が多数あり、アルバイトで働くよりも高収入を期待できます。ただし、事務といっても業務内容は多岐に渡っているので、まずは仕事内容を詳しく確認するよう心がけましょう。長崎では、コールセンター業務、医療事務、一般事務、OA事務などがあります。OA事務とは、パソコンを使った事務作業のことであり、ワードやエクセル、パワーポイントなどのスキルが求められます。マイクロソフトのオフィスソフトはある程度使いこなせるのが前提です。コールセンター業務は、電話によるお客様からの問い合わせや要望などに対応する仕事です。長崎はコールセンターとしての企業誘致に成功しており、近年は携帯電話会社や保険会社など多くの大企業がコールセンターを長崎に設置しています。したがって、他県に比べてもコールセンターの派遣業務が多い傾向にあります。オペレーター業務や電話対応の経験がある方におすすめです。未経験でも働ける案件が多いのも特徴で、派遣としてのキャリアもスタートしやすいです。また、事務職以外にも工場などが多いので、工場への派遣も多く時給が良いことから人気があります。特に自動車関連の工場が多く、組み立て作業などであれば月収20万円以上も可能です。寮も家電付きの部屋が無料で用意されていたり、男性でも生活コストを抑えながら活躍できます。派遣の場合は、雇用の保証がない点がネックになっている人もいますが、案件によってはそのまま正社員として登用されたケースもあります。普通に正社員や契約社員として入社するよりも派遣社員として働く方がハードルは低くなります。このメリットを活かして大企業で働き結果を出して正社員としての道を模索するのも1つの方法です。理想の職場を見つけるには、最初から選択肢を狭めてしまうのではなく、柔軟に探していくのがポイントです。長崎で派遣として活躍できる職場も沢山あるので、いちど探してみてはいかがでしょうか。

★長崎での紹介予定派遣ならアソウ!県内各地の企業を紹介★

2016年12月02日

アソウヒューマニーセンター長崎近年、社会全体で働き方が見直されており、以前のモーレツ社員に代表される正社員でバリバリ昇進・昇格を目指す方は少数派となってきました。景気変動が激しい中、どれだけ企業内で努力したとしても先が見えてしまいやる気をなくしてしまうケースも多々あります。必ずしも正社員としてバリバリ働くことが幸せに繋がる訳ではないため、仕事とプライベートを両立可能な派遣の働き方が注目を集めています。昔は正社員中心主義で企業側も働き手も考えていましたが、最近では時間内に自分の仕事をやり遂げる派遣の働き方も重要視されており、働き手としても家族との時間や趣味と両立できるため正社員から派遣に切り替える方も増えています。長崎の紹介予定派遣情報ならアソウヒューマニーセンターが地域No.1として人気です。長崎県内のさまざまな地域に紹介予定派遣情報を提供しているため、長崎市以外の方にもお仕事をご紹介できます。アソウヒューマニーセンターは、福岡を中心とした九州地場最大の企業グループであり、長年培ったネットワークを通じて多くの紹介予定派遣情報を提供することが出来ます。長崎市以外にも、佐世保市や島原市をはじめとする県内各地で楽しく働ける職場環境をサポートしています。アソウヒューマニーセンターのホームページでは、エリアや職種ごとに検索することができるため。検索機能を利用して自分に最適な派遣のお仕事を探してみてはいかがでしょうか。

長崎 紹介予定派遣はコチラ

福岡出身で東京の大学生が新卒採用でUターンに挑む奮闘日記!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 福岡出身で東京の大学生が新卒採用でUターンに挑む奮闘日記! All Rights Reserved.